七田教育とは

左脳と右脳、どちらも100%活かし、心・しつけ・性格や情緒・健康・身体・社会性など、生活全般にわたって、全人格的な子育てを目指します。

右脳はイメージで思考し、一目で見たもの全体を記憶する力を持っており、豊かな創造性を発揮します。左脳は言語で思考し分析や論理性をつかさどります。この左右の脳がバランスよくはたらいてこそ、能力も活きてくるのです。

無限の吸収力を持つ幼児期に、楽しく遊びながら、子ども達が持つ「天才的能力」を引き出すお手伝いをします。

七田式教育は、誰もが持つ秘めた能力を開花させます。

七田式教育は、「右脳教育」を中心に、子どもたちの心と豊かな才能を育てる教育法です。子どもたちは、右脳が優位に働く状態で生まれてきます。この時期にこそ、学習に役立つ「右脳の能力」を育ててあげると、その後の学習がとても楽になります。右脳教育は、心の教育がベースとなります。人と人との一体感・愛が右脳を聞くキーワードです。七田チャイルドアカデミーの教室は、親子の一体感・愛情を育むことを何よりも大切にしています。そして、引き出した右脳の能力を、表現に導くことで左脳の能力につなげる「全脳教育」を実践しています。教育の本来の目的は、知識を教え込むことではなく、子どもが持っている優れた能力を引き出してあげることなのです。

教室には子どもの好奇心をやる気に変える工夫がいっぱいです。七田チャイルドアカデミーの教室では、子どもたちが本来持っている「天才的能力」を引き出すお手伝いをさせていただいております。

七田式教育の創始者 七田眞(しちだまこと)

1929〜2009年。島根県出身。教育学博士。

1997年社会文化功労賞受賞、世界学術文化審議会より国際学術グランプリ受賞。

また、国際学士院の世界知的財産登録協議会より世界平和功労騎士勲章を受章、騎士(ナイト)の称号を受ける。著書は240 冊を超える。